魁!女将塾

カテゴリ:日商簿記2級( 7 )

合格体験記

結構前になるのですが
とある簿記サイトに私の2級合格体験記を送ったら見事採用されまして。
その時の原稿が出てきたので、こちらに貼り付けときます。

(文面がややおしとやかなのは、自分のフィールド、つまり魁ブログじゃないからです)

それでは始まりはじまりー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

管理人さん、受験生のみなさんこんにちは

実を申しますとこのサイトを知ったのは受験後でした。
他の受験生がどのような手ごたえを感じたのか知りたくネットで調べたのがきっかけです。
私は独学、しかも海外在住なのでもっと前に知ってたら励みになってたのにと残念に思った次第。
来年1級を受験する予定なので今後はどんどん使わせてもらいますね。

私の体験がどれだけお役に立てるか分かりませんが、
海外在住でも満点が取れるということを知ってもらいたいと思い、投稿を決意しました。
どなたかの参考になれたら光栄です。

(受験のきっかけ)

私自身経理の実務経験は10年以上あるのですが、幸か不幸か検定試験を受けることなくダラダラと年月を重ねていました。
2年前までイギリスで経理職についていましたが結婚を機に退職。
1年ほどのん気な主婦業を楽しんでいました。

去年の夏。

(そろそろ再就職しようかな。でもなあ、、、)

ご存知のように、イギリスはリーマンショックでポンドが下落。
町は失業者で溢れ始めていました。(それは現在でも続いています)
アシスタント職に100人近い人が応募する状況下、
私のような外人が太刀打ちできそうにありません。

ならばイギリス人に知られている資格、
私の場合はイギリス簿記の資格を取って少しでも価値のある履歴書を作ろう。
一見周り道に見えるが、やみくもに仕事に申し込んで落ちてへこむよりはいいだろう。

思い切って9月から地元のカレッジでイギリス英文簿記の中級コースを取る事にしました。

勉強を始めるにあたり、

簿記のルールはイギリスも日本もほとんど同じだし、
だったらまず日本語できちんと理解したほうが授業にもついていけるのではないか。
コースが中級なので2級あたりが妥当だろう。

そう思い日本にいる母親に簿記2級の本を送ってくれるよう頼みました。

でも実際参考書を目にすると欲が出るってものです。

母が送ってくれたのは
TACの「よくわかる簿記シリーズ」の商業と工業。合格テキストと合格トレーニング
それと「プラス8点のための問題演習 日商簿記2級」

計5冊。

パラパラと目を通しているうちに日商簿記も受験したくなってきました。

目標があったほうが知識も身につくし、
仕事してない今こそ、日本とイギリスの簿記を同時に勉強することも出来る。
双方の知識がお互いを補え合うのなら一石二鳥どころではないのでは。

早速検定試験のスケジュールを確認、
11月は早すぎるし、6月はイギリス簿記の検定試験と重なる。
2010年2月をターゲットに据え、航空券も手配完了。

これでもう後には引けません。

次は進行表作成です。

月がカレッジの予習、
火がカレッジの授業、
水がカレッジの宿題と復習。

日商簿記に充てるのは木曜と金曜になりました。
週末は調整日にしてあえて除外です。

勉強方法は次にまとめて書きます。

(勉強方法)

TACの参考書にも書いてありましたが、簿記は習うより慣れろ、問題をどんどん解くのが一番。
本番までに出来るだけ問題を解くようにしました。

私の場合、もち札は例の5冊だけですので、とにかくこれを使いこなす。
(海外それも僻地在住の利点は、日本に住んでたら陥りやすい参考書ジプシーにならないってことです。
なんたって本屋がないですから)

参考書がきちんとまとめられていたので、マーカーで印をつけるだけで
ノートは作りませんでした。
その分問題を解くほうが身につくとの考えからです。

9月から12月後半まではよく分かる簿記シリーズに集中しました。

具体的には

1日目 商業テキストの1章目を読む→同章トレーニング問題を解く

2日目 工業テキストの1章目を読む→同章トレーニング問題を解く

3日目 商業テキストの2章目を読む→同章トレーニング問題を解く

4日目 工業テキストの2章目を読む→同章トレーニング問題を解く

5日目 商業と工業の1&2章目のトレーニングを再度解く

これを繰り返しました。

最後の章まで一通りやったら、トレーニング問題をもう1度最初から。
間違った問題に印をつけて、1月の追い込み期にまた解きました。

ここまで来るとトレーニングのページも書いては消し、書いては消しを繰り返すので(特に精算表問題)
前に自分が書いた答えがうっすら見えてたりしました。

やってみると分かりますが、工業は後の章ほどしんどくなります。
私も原価計算にはかなり手こずらされました。
これは先ほども述べましたが慣れるしかないです。
問題を何度も解く事を強くお勧めします。

年末からは「プラス8点のための問題演習 日商簿記2級」に移行。

ボロボロのトレーニングにいい加減辟易してたので
新品の綺麗な紙に書けるのがすごく新鮮で、変なところでやる気が出ました。

解説部分は既によく分かるシリーズでやっていたのでざっと目を通すくらい。
この本は問題に制限時間がついているので、時計を見つつ解きました。
こちらも間違った問題に印をつけて、そこだけもう1度。

2月、試験本番3週間前に日本に帰国。

原価計算にその時もまだ手こずってて、本当は電卓だけで身軽に帰るつもりが、
飛行機の中で「プラス8点~」を解いてました。
今となってはいい思い出です。


(思わぬ誤算)

日商簿記の勉強と平行してカレッジで英文簿記の勉強も進んでいました。

誤算だったのは、当初同レベルだと思っていた中級が実は2級より優しかったこと。
精算表の授業も2級に比べたらあっさりしたものです。

何より工業簿記の授業がクラスメートより早く飲みこめるようになりました。
特に製造間接費の配賦差異。
これを最初から英語で理解しようとしてたらかなりの苦戦を虐げられていたはずです。

私が日商簿記を受けることはカレッジの先生もクラスメートも知っていて、
日本に帰国する前日の授業でエールを送ってくれました。

(帰国してから本番まで)

諸事情のためイギリスに戻る前日が試験本番という、精神衛生上あまり好ましくないスケジュール。
(次回受験の際は帰国して時差ボケが解消する3日後位に受けてしまいたい)

母親が過去問題集を買っておいてくれたので、空き時間を見つけて解きました。

本来なら最後の追い込みで自宅に篭るべきなのですが、
なんたって1年ぶりの帰国ですから。

いつもよりゆるめの滞在スケジュールを組み、
試験当日2日前からは予定も入れず勉強に集中するつもり、
でしたが結局毎晩出歩いてました。
でも試験のことが常に頭にあって、なんとなく落ち着かなかったのも事実です。

過去問を解く際に気をつけたのは

1. 時間配分
2. 作成者が仕掛けたワナに落ちない
3. 貸借が合わなかった時のために細かくメモを残す
4. 問題を捨てる勇気
5. 問題の続きが次ページにないかチェック

参考書を持ってきていなかったので、
間違えた部分は問題解説を丁寧に読みました。

過去問はやっぱり解くべきですね。
自分の弱点が如実に出て、渇を入れられました。

過去問は7回分やりました。
徐々にペース配分に慣れてきて、自己採点は平均90点以上。

合格トレーニングを繰り返し解いた方法は間違えてなかったなと。

トレーニングには問題の重要度に応じて星マークがついているんですが、
私はあえて無視して全問万遍なくやったんです。

それが自然と応用力を身に付けることになったんだと思います。
仕訳問題は毎回必ず1つは間違えたので、本番も1問は捨てるつもりでした。

とはいえ本番まで不安感は拭えませんでしたね。
滞在スケジュールの最終日に試験が来ちゃったことを何度も呪いました。

(試験当日)

今だから言えるんですが、、、、実は少々二日酔いでした。
それでも朝7時ごろに起きてボーっとした頭で過去問の解説(これしか手元に無いので)に目を通しました。

10時過ぎに弟夫婦が車を出してくれ一緒に自宅を出ました。

会場を確認し3人で少々早い昼食とコーヒーで一服。
近くのテーブルで参考書広げている人がいて、少しずつ緊張が。
この頃には頭もクリアになってきていました。

心配気な弟夫婦に見送られ、会場入り。

なによりもびっくりしたのは欠席者の数!!!
半分以上が空席。

申し込んだものの勉強が追いつかず次回に見送りの人達なんでしょうが、
一発勝負のつもりで飛行機代かけて、
時差ボケと戦って当日を迎えた私には非常に贅沢な行為に感じました。
でもお陰で電卓音で気が散るかもと持ってきた耳栓を使わずに済みましたが。

試験開始まではとにかくリラックスに努めました。
「たった一人であれだけ頑張ったんだから絶対大丈夫」
って言い聞かせました。

そして試験開始。

(第1問)

与えられた科目を使うというのを念頭に仕訳していきました。
現金預金が今回のひっかけでしたね。
車両運搬具じゃなくて車両だったとか。
2.の受託問題は「きたな」
特殊売買は必ず出るけど最後まで自信無しのエリアでした。
これは埋めたものの自信無し。

(第2問)

2ページに問題が渡っているのを確認してから開始。
貸借が合わなかった場合のチェックって意外と時間をロスするので
一発で合うのを念頭に丁寧に作成しました。
お陰で貸借一発OK。次の問題に移りました。

(第3問)

これも一発OKを目指して丁寧に進めたけど、
売上原価のところで少々手こずりました。
向こうが言いたいことは分かるのだけど、果たして精算表の埋め方がこれでいいのか。
でも貸借合ったので、次の問題に移りました。

(第4問)

(これって今までの過去問にあったっけ?)

見てすぐに思ったのがこれです。
合格トレーニングで似たようなのをやってたし、
どこにワナが仕掛けられているのかもなんとなく分かるんですが、
頭に血が登ってしまい思うように解けない。
なのに時間は過ぎるばかり。
半分埋めたところで思い切って捨て、最終問題に移りました。

(第5問)

実は最後まで差異計算に自信がなく、
これが出たらきついかもとドキドキしていましたが、
運良く別問題が出題。ラッキーでした。

この問題は取りに行くつもりが、4問のショックが尾を引いてもたついてしまいました。
どの応えもゼロ並びの「いい」答えになったので4問に戻りました。

(第4問)

(まだ時間は20分あるから最初から解いていこう)

落ち着けと何度も言い聞かせました。
それが効を奏したのか突如取っ掛かりが見つかり一気に解答まで。
差異がこれまたゼロ並びでいい感じの数字だったので一安心しました。

これにて全問回答。
残り時間は3分程ありましたが燃え尽きた感ありで見直しはせず。

(試験を終えて)

結果はネットで見ました。
早起きして(イギリスは時差が9時間あります)主人と息を呑んで結果チェック。
自分の番号を見つけたときは二人で抱き合って喜びました。

試験当日の2/28、ペルーで大地震があったの覚えてますか?
北陸沖に津波警報が出て、
日本の地理を良く知らないイギリスの家族が津波のせいで試験が延期になったんじゃと
心配していたそうです。
私は関東受験なので全く通常通りでしたが。

今回の受験、独学と申しましたが

3週間の留守を許してくれた主人、
高い航空便で参考書を送ってくれた母、
試験当日、終了まで付き添ってくれた弟夫婦、

家族のささえが無ければ合格それも満点という結果は出せませんでした。

帰国の際に1級の参考書類12冊、6キロを既に持ち帰った私。

来年6月に向けて既にスタートを切りました。

みなさん一緒にがんばりましょうね。

PS 合格をカレッジの先生に報告したところ、
   早速私の写真入でカレッジ新聞に記事を載せられてしまいました。
   イギリス人のみなも簿記の勉強がんばってます!


※コメント欄を開けました(承認制)。同じ試験に向かって勉強してる人、ピアノや簿記に興味ある人、そーじゃない人もお気軽にコメントどうぞ!(ただし返信の遅れも気にならない気長な人のみ)

普段の生活を綴った親ブログもどうぞよろしく!
            ↓↓↓
   『-英国発-週刊!女将タイムス』
[PR]
by aatokami | 2010-08-20 17:32 | 日商簿記2級 | Comments(4)

簿記2級 採点結果

昨日実家に合格証書と採点表が届き、

自分が何点で合格したのかが判明しました。

c0206101_17345560.jpg


うふ。

100点満点でございます!!!

ららら~

なんて踊ってるけど、すごくびっくりした。

だって過去問でも1度も満点取れたことなかったんだよ。

試験後こっちに戻って簿記検定のフォーラムみたいなのをネットで見つけたんだけど、
結構みなさん苦戦されてたようで。

特に仕訳問題で与えられた「現金預金」を使わず、「現金」と「当座」でやっちゃった人がかなりいたみたい。

基本的なチェック項目なんだけどね。(100点だったのでちょっと強気)

精算表で現金過不足のところが曲者だったという人とか。

問題集ちゃんと解いてれば毎回出てくる項目なんだけどね。(強気続行中)

確かに独学って頼れるのは問題集と参考書と自分のやり方だけなんだけど、

だからゆえに万遍なくやろうとする。

それが要領の悪さに通じるところなんだけど、
それでもとにかく万遍なく目を通す。

試験の傾向とか全然私頭に無かった。

でも学校なり通信でやってる人って
「ここが試験に出る」
ってところに目が行きがちで、
重点置くポイントが均一じゃない。

ゆえに変化球に弱くなっちゃうんじゃないかな。

実際今カレッジで使ってる教科書だって
全頁に目通してる訳じゃないからね。

これが独学なら私何度も読んでる。

読まなくて済むのは先生がポイントを提示してくれるから。

確かに時間はかかるけど、きちんと学問を理解するという点では
独学もそんなに悪くないのかも。

私の場合、日商簿記に関しては独学しか手がないんだけどさ。

少なくとも自分のやり方に自信がついたのは確かです。

          
普段の生活を綴った親ブログもどうぞよろしく!
            ↓↓↓
   『-英国発-週刊!女将タイムス』
[PR]
by aatokami | 2010-03-26 17:51 | 日商簿記2級 | Comments(0)

簿記2級試験結果

ドキドキの試験結果が出ました。






















↓(ひっぱるなあ、おい)


c0206101_21545661.jpg
  




よっしゃああああ  


もう聞いてよ。
自慢しちゃうよ

私が受けた商工会議所での受験者数 733名 

うち合格者115名

合格率15.7%

独学万歳!!!?  

これで心置きなく1級の勉強を開始できます。

ってその前にAATだけどね

(おまけ)

c0206101_21592274.jpg


スーさん&猫2匹からお祝いのカードを貰いました。


普段の生活を綴った親ブログもどうぞよろしく!
            ↓↓↓
   『-英国発-週刊!女将タイムス』
[PR]
by aatokami | 2010-03-12 22:01 | 日商簿記2級 | Comments(0)

受験してきました

遅ればせながら

c0206101_1923122.jpg
  

2/28に日商簿記2級受験してきました。

2/11に日本に帰国。
いつもより幾分余裕持たせたスケジュールを組み
出来るだけ勉強に割くようにはしたんですが、
結局追い込みといっても母が用意してくれた過去問を解くだけでした。

でも過去問は解くべきだと思った。
時間配分とか盲点が明確になる。

試験当日は弟夫婦が会場まで送ってくれ、
試験が終わるまで待っててくれました。

日本の家族のサポートあっての今回の受験、
会場はというと半分以上が欠席というありさま。

恐らく申し込んだものの勉強が間に合わずに見送ったんだろうが、
イギリスから一発勝負のつもりで挑んだ私には贅沢な行為に感じました。

試験の方ですが

第一問(仕訳問題)

過去問でも必ず1問は間違えてたので、1問は捨てるつもりで挑みました。
そんでもって予想通りに曲者が1問。
予約販売のやつ。
答えを書きとめて置かなかったんで正解か微妙。多分バツ。

第二問(特殊仕訳帳をもとに残高試算表を作成)

貸借合わなかった場合ミスチェックが非常な時間ロスとなるため
一回で済ますべくゆっくり丁寧に作っていきました。
しつこいくらいに検算したお陰で貸借バランス一発OK。
なら正解だろうとたかをくくり次に移る。

第三問(精算表)

売上原価計算が曲者でしたなあ。
記入方があれで良かったのか。
こちらも丁寧にやったので一発で貸借合ったのでそれで良しとして次に移りました。

第四問(労務費の計算)

この手の問題ってひょっとして初めて??
問題集で似た様なのはやってたとはいえちょっと不意打ちで
頭に血が登ってしまい焦る。
時間も無駄に過ぎていくばかり。
こりゃいったん離れようと半分埋めたところで思い切って五問に移る

第五問(直接原価計算)

これは取りにいくつもりでしたが四問でのショックが尾を引きちょっとモタモタ。
平常心って大切よねー。
大丈夫と確信できたところで四問に戻る

第四問

残り時間20分。
時間はまだまだあるんだからまずは落ち着いて最初からやろうと自分に言い聞かす。
そうだよなあ、まずは落ち着こうと思ったところでピカーン!
突如電球が灯り、解答のとっかかりが見つかったのでありました。
めでたしめでたし。

過去問を解いた時は毎回30分くらい余裕あったんだけど、
やはり本番は緊張でスロースタート&いつもより丁寧にやろうとする余り
結構時間ギリギリになってしまいました。

周りの電卓音で気が散るかもと耳栓も用意していたのですが、
受験者半分脱落のお陰で席にゆとりがあり、使わずに済みました。

試験結果は日本時間12日10時にHPで発表されます。

今後ですが受かっても落ちても1級の勉強を始めます。

目標は来年(2011年)6月受験です。
2級の再受験もこのときにします。

独学は難しいという声も聞きますが、
それしか選択肢ないんでがんばりますよ。

1級に向けて持ち帰った問題集&参考書、12冊6キロ。
お陰で『毎日かあさん全巻』が持ち帰れなかった。

毎日母さんのためにもこの12冊を無駄にしないよう引き続き精進してまいります。

        
普段の生活を綴った親ブログもどうぞよろしく!
            ↓↓↓
   『-英国発-週刊!女将タイムス』
[PR]
by aatokami | 2010-03-07 20:15 | 日商簿記2級 | Comments(0)

そろそろ追い込みだというのに

直接原価計算と全部原価計算が頭の中でグチャグチャです!!

売上原価計算のときにかけるのは販売数なのか、完成品数なのか、

こっちもいっつもゴチャゴチャになる。ムキーーー!!

大丈夫かなあ私。

しかし過去記事見るとここ数週間で何種類の試験受けてるんだあたし。

来週もひとつカレッジの試験を控えているのですが、
そんなもんあとあと。
今週末は日商簿記とにらめっこです。


          
普段の生活を綴った親ブログもどうぞよろしく!
            ↓↓↓
   『-英国発-週刊!女将タイムス』
[PR]
by aatokami | 2010-01-24 01:28 | 日商簿記2級 | Comments(0)

ちょっと行き詰まり

特に記事にはしていませんでしたが、
日商簿記2級の勉強も着々と進んでます。

当初はAAT intermediateと2級のレベルは同じくらいと思ってたんだけど、
ここに来て意見を変えざるを得ないようです。

2級の方がムズイ。

確かに被る点は多々あるけど、範囲は2級の方が断然広い、そして深い。

カレッジは狭くて浅い範囲を9ヶ月かけてゆっくり、のろいペースで進みます。

だから外人の女将でもついていけるんだけど、

「先生、貸倒引当金( Provision for Doubtful Debts) は精算表で売掛(Creditors)が修正された場合、それを含めて出すんですか?」

あたりまえじゃボケ
そんなこといちいち先生に質問すんな

なんて授業中腹の中で毒づいておりますことよ、ほほ。

クラスメートは偉いよなあ。働きながらだもんなあ。(とりあえずフォロー)

AATと2級の平行学習は思った以上の効果をあげています。

特に女将(&他の生徒全員)と相性の悪いK先生の受け持ちが工業簿記だからなおさら。

TACの参考書無しではとても理解できなかったでしょう。

さもなきゃ今頃中退してたかも。

それはさておき2級ですが、いままでは結構順調にやってたんだけど、ここに来てつまづいてます。

本支店会計につまづいてます。

なかなか頭に入ってきません。

日本にいたら友人知人捕まえて気軽に聞けるんだけど、独学&しかも海外&しかもど田舎の孤独が足をひっぱる。

でもなんとか勝利(この場合は合格)を掴んでみせるさ。
見てろよ誰か。

         
普段の生活を綴った親ブログもどうぞよろしく!
            ↓↓↓
   『-英国発-週刊!女将タイムス』
[PR]
by aatokami | 2009-12-13 20:17 | 日商簿記2級 | Comments(0)

こちらの準備も始まりました。

カレッジと平行して日商簿記の勉強も開始しました。
狙うのは2級です。

恥ずかしながら経理歴10ん年なのに、簿記検受けたことないんですよ。

日本で就職した時も特に条件ではなかったし。
いや翌年から簿記2級が条件になったんだ。
「セーフ!」って先輩達と胸撫で下ろしたっけ。

会社のお仕着せで2級の通信は受けたことあったけど、最後のほうは2級保持の後輩に課題やってもらってたんで、全く内容覚えていませんっ(いばるな)。

なぜ今頃、しかもイギリス在住の身でと思われる方もいらっしゃるかと思います。
実際、今すぐ取る必要性は皆無だし。

話は簡単。

カレッジの授業を理解するために、日本語で書かれた参考書を読む機会が増えそうなんで、だったらついでに受けちゃえ。

それだけです。

来年の今頃どうなってるかなんて神のみぞ知る。
だったら今出来そうなことに手を出すのみ。

そのいい例がカレッジです。
去年の今頃、まさか自分が学校に通うなんて思ってもいませんでした。


c0206101_22545330.jpg


日本からわざわざ送ってもらいました。
この5冊に絞って頑張ります。
絞るも何もこの5冊しかないんだけど。

日本の本屋は参考書類で溢れかえってて、そのどれもがよさげでついつい目移りしたりしませんか。
学生の頃いつもこのパターンで自滅していました。

外国にいると少なくともこういう危惧だけは免れます。
    
カレッジの予習復習もあるので、こちらに割けるのは週2日。(週末は完全休業。てかスーさんの世話)
年内に5冊をとりあえず終わらせ、年明けからはひたすら問題を解くつもりです。

さてどうなることやら。


普段の生活を綴った親ブログもどうぞよろしく!
            ↓↓↓
   『-英国発-週刊!女将タイムス』
[PR]
by aatokami | 2009-09-25 23:16 | 日商簿記2級

トルコで英国公認会計士(ACCA)と日商簿記1級を独学しています。勉強の進行状況とぼやきを随時UP予定。親ブログの「女将タイムス」もよろしく
by aatokami
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日商簿記1級
日商簿記2級
ACCA P1
ACCA P2
ACCA全般
勉強のまにまに
AAT Technician
AATとは
AAT Intermediate
Sage(会計ソフト)
Sage(給与計算)
ピアノ検定 Grade 6 
ピアノ検定 Grade 5
ピアノ検定 Grade 4
ピアノ検定 Grade 3
Life in the UK Test
私の英語力

最新の記事

Today's achiev..
at 2017-11-11 04:43
Today's achiev..
at 2017-11-04 02:32
貸倒引当金
at 2017-11-01 04:16
覚えられない単語
at 2017-10-31 15:25
Today's achiev..
at 2017-10-29 02:32

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな