魁!女将塾

カテゴリ:私の英語力( 2 )

私の英語力 2

こんなカテゴリがあったことを忘れていました。前の記事が2010年、7年前ですね。イギリスのカレッジで簿記のコースを取っていた時です。

今現在の私の英語を客観的に示すものはないけど、最後に受けた2012年のTOEICが940(リスニング465 リーディング475)だったので、2017年現在、少しは伸びているんじゃないかなあ。それもどちらかというとリーディングの気がしています。

というのもACCAの1科目の教科書が大体2、3センチあるし、問題集もその位。ほんときついんですよ、外人には。。誰も褒めてくれないので自分で褒めます。ACCAを始めた当初より確実に辞書を引く回数は減っているので、読解力はついているんじゃないかな。

あとTOEICにはないけど、ライティングは確実に力尽いている。これは断言できます。ACCAは3時間、とにかく文章を書きっぱなしですから。「もしあなたがその会社のマネージャーだったら、、」といったシミュレーション問題や、用語の説明を書かされることが多いんです

日本に一時帰国する際に一応TOEICのスケジュールも見るんですが、なかなか合わないし、特に必要な環境にもいないので、すっかりご無沙汰しています。
新方式がどうとか言われていますが、変わるも何も旧方式も良く分からないまま。TOEIC用の準備は一度もしたことなく、当日会場近くのコンビニでシャーペンと消しゴムを買っていました。

会話は1回なのか2回繰り返されるのか、や、どう答えたらいいのか、といった受験生ならとっくに知っている解答形式が準備できておらず、問題文が流れる前に他の受験生が選択肢にざっと目を通している中、私1人、最初の「出題&解答形式」をじっくり読むという、ハンデがありました。

でもリスニングの問題自体はすごく浅い印象。こっちは一語一句漏らさず超耳すませて覚え込むのに、問題は「え?そんなこと?」が多かった。

新方式では2人以上の会話があるようですが、これはまあ、実際の職場での会議とか3人どころか5,6人が同時にあーだこーだ、言いたいこといいますから。あと、同僚の陰口や噂話の時はコショコショっと超早口&隠語たっぷり、しかも「え?なんだって?」とこっちが聞き返すと、「しーー!声がでかい!」って言われるから、チャンスは一回。これに比べたら、しーんとした会場で、クリアな声で展開されるリスニング用会話なんて、、、

あとリーディングの空欄埋め問題は、(これ以外当てはまるはずがない)と確信しながら答えを選ぶようになったのは、やはり900点を超えてからです。試しに他の前置詞を入れて、通しで読むと気持ちが悪いんですよ。うまく伝えられませんが。

ちなみに英検一級は過去問をちらっと見て、速攻閉じました。
いかにも試験のための試験英語でちっとも面白くない文章。
資格取得の勉強は多少は興味を持って出来るようじゃないと長続きしませんから、私の場合。

トルコ生活etcを綴った親ブログ「女将タイムス」はこちら174.png 

[PR]
by aatokami | 2017-05-20 14:21 | 私の英語力 | Comments(0)

私の英語力

イギリスでイギリス人に混じって英語以外の授業を受ける。

それには一体どれだけの英語力が必要なのか。

カレッジでの授業風景やAAT試験の手ごたえをいままで書き連ねてきましたが
そこを書かないといまいち把握出来ないのではと今更ながらに気付いた次第で。

私の英語レベルを包み隠さず言うと

3年前の2007年に受けたTOEICは915点でした。
リスニングの方が高かったと記憶してます。

次に私の主観的な英語力ですが

教科書の文章はほぼ辞書無しで読める
(というか分からない単語があっても、それが2度3度出現しない限り辞書は引かない)
昔ほどなんとか理解しようという意気込みが無くなってる。

読むスピードはネイティブ並とは言えないが
はるかに遅れることも無い。

一読してだいたいの内容は把握出来る。

ちょっと話がズレるけど
例えば日本語の雑誌を読んでる時でも
全ての単語の意味が分かってる訳ではないと思うんです。
言葉は生きてるから新しいものが日々生まれてるし(流行語とか略語とか)
でもいちいち辞書ひかないよね。
分からない単語のせいでボツボツ紙面に穴が開くけど
前後の内容から推察できる。
その感じになんとなく似てるといえばお分かりになるでしょうか。

なんかうまくいえないけど。

例えば中学生の時は関係代名詞で必ず元に戻ったりしてたから
1つの文をそれこそ何往復もしてたんだけど
この頃その往復回数が減った、
というか片道で把握できることがはるかに増えた。

これって試験を受ける上で重要なポイント。
試験では質問内容を理解して
答える、という次の作業が待ってるからね。

それじゃ続き。

先生の話は理解できる。
でも20代の生徒の言うことは理解できない。
(スーさんいわく世代の違いらしいけど。ほんと全然分かんない。声の出し方からして彼ら違う)

作文は前置詞が苦手

だから
『英語の試験じゃあるまいし言いたいことが伝わればそれでいい』
と半分おばちゃんスピリットで書いている

それでもそこそこの点は取れる

インプット(聞く、読む)>>>アウトプット(話す、書く)

教科書以外の英語は日常生活ではめったに読まない。せいぜいメニューくらい

テレビもほとんど見ない

ニュースは理解できるが
Eastendersは分からん。聞く気にもならない。

日常会話は英語だがひとりごとは日本語
猫への問いかけも日本語

初対面の人に話しかけて「ええ?」と聞き返されることは無い程度のアクセントは持ち合わせてる

でも電話は嫌い

外人メイドの振りをしてセールス電話を切り抜けている

でも聞こうと意識を集中すれば聞き取れてるし
会話も成立する。

テレビ番組を見てて英語とか意識せずにいつの間にか笑ってることがある

こんな感じです。
参考になりましたでしょうか

あーあと1つ。
外人の1と7の書き方って私達の1と7と違うんですよ。
でも無理に向こうのやり方に合わせなくても、
少なくともカレッジの試験で「読めなかった」とクレームがついたことはありません。

          
普段の生活を綴った親ブログもどうぞよろしく!
            ↓↓↓
   『-英国発-週刊!女将タイムス』
[PR]
by aatokami | 2010-06-21 19:53 | 私の英語力 | Comments(0)

トルコで英国公認会計士(ACCA)と日商簿記1級を独学しています。勉強の進行状況とぼやきを随時UP予定。親ブログの「女将タイムス」もよろしく
by aatokami
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
日商簿記1級
日商簿記2級
ACCA P1
ACCA P2
ACCA全般
勉強のまにまに
AAT Technician
AATとは
AAT Intermediate
Sage(会計ソフト)
Sage(給与計算)
ピアノ検定 Grade 6 
ピアノ検定 Grade 5
ピアノ検定 Grade 4
ピアノ検定 Grade 3
Life in the UK Test
私の英語力

最新の記事

Today's achiev..
at 2017-11-11 04:43
Today's achiev..
at 2017-11-04 02:32
貸倒引当金
at 2017-11-01 04:16
覚えられない単語
at 2017-10-31 15:25
Today's achiev..
at 2017-10-29 02:32

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな